処女との初セックスで気をつけるべきこと

処女との初セックスで気をつけるべきこと

セフレを作るならセフレ掲示板!

複数の掲示板を利用するのがセフレ作りの最短ルートです

処女とのセックスは締め付け感が強く、気持ちが良いというイメージがあります。
実際に、AVやアダルトコミックなどでは処女とのセックスについて簡単に表現されることが多いようです。
すぐに濡れ、挿入した瞬間に昇天するほど喘ぐという表現をされることも少なくありません。

しかし、現実には処女とのセックスは大変だと言えます。
今回は処女とのセックスで失敗しないために、処女とのセックスの注意点をご紹介します!
ぜひ、参考にしてみてください。

処女のトリセツ

あなたが初めてセックスをした時のことを思い出してみてください。
不安と期待で胸が膨らんでいたことでしょう。

しかし、いざ挿入するとなると勃起しなかったという人も少なくありません。
処女にも同じことが言えます。処女とのセックスでの気を付けることを紹介します。

濡れない

まず、初めに処女の特徴は「濡れない」という点が挙げられます。
AVやアダルトコミックのように、少し触っただけで愛液が溢れ出し、イキまくるということはありません。
性器に指一本を入れるだけでも、断末魔のような声を上げてしまう女性もいるほどです。

ですから、処女とのセックスをする際は、前戯を十二分に行うことが重要と言えます。

根気が必要

処女とセックスをする場合は、一回で最後までできるとは思わないことが重要です。
十分に女性の性器が濡れていても、いざ男性の性器を挿入しようとした際に痛がってしまい、途中で中断を余儀なくされるというケースもあります。

そんな時は、女性の体調を優先させて、セックスを次回にしたり、再度女性の性器を指で広げることが必要と言えます。

処女とのセックスでは、決して自分自身だけの快楽を考えるのではなく、相手女性の気持ちを優先させるように心掛けましょう。

不安な気持ちを取り除く努力をする

女性は、一度「恐い」と思ってしまうと、体がこわばってしまい、女性の性器をいくら触っても濡れることはありません。
ですから、まずは「女性の不安を取り除く努力」が必要と言えます。
女性がリラックスしていると、自ずと愛液の分泌量も増え、挿入しやすくなります。

相手女性が、緊張していると思ったら抱き締めたり、優しい言葉を掛けることが大切です。

処女とのセックスは、AVやアダルトコミックのように、すぐに挿入をすることができず、最高の締め付けを味わうことができるとは限りません。

お互いが相手を尊重し合うことで、初めて最高のセックスを味わうことができるのです。

SEXカテゴリの最新記事