我慢できない!バレずに青姦できる都内スポット~東京編~

我慢できない!バレずに青姦できる都内スポット~東京編~

青姦希望の女の子が利用しているセフレ掲示板はコチラ

複数の掲示板を利用するのがセフレ作りの最短ルートです

ホテルや部屋でのまったりしたセックスとは違って、スリルやその場の雰囲気から、気持ちの高ぶりに変えていく野外セックスのことを青姦と言います。

青姦ができる都内スポット

今回は、そんな都内の青姦行為をすることができる3つのスポットについてご紹介します。

公園

都内で人目につきにくい広い公園と言えば、代々木公園井の頭公園が有名ですね。
代々木公園や井の頭公園は、公衆トイレや人目につきにくい茂みなどが多いため、青姦スポットに向いていると言えます。

代々木公園

井の頭公園

春や秋などの過ごしやすい季節は、性欲をホテルまで我慢することができないカップルが青姦をしてしまうこともあるかもしれません。
しかし、このようによりひと目に付きやすい場所なので、発見リスクは非常に高いといえます。

季節によっては虫刺されや強盗・強姦の危険性もありますので、色んな意味で公園はハイリスク。
ただ、そのスリルこそが青姦な醍醐味でもありますね。。。

駐車場

都内の大型駐車場閉店後の店の駐車場などは、人目につきにくいので、青姦に向いていると言えます。深夜の駐車場は人があまり通らないため、密かにカーセックスをするカップルもいるようです。

ビルの非常階段

豊島区港区などには、多くの雑居ビルが建ち並んでいます。雑居ビル内には、非常階段があり、人目につきにくい環境が整っています。そのため、雑居ビル内に忍び込み、青姦行為をするカップルもいるかもしれません。ただ、ビルの所有者の許可なく、ビル内に立ち入ることは、住居侵入罪となってしまい、刑罰を科せられる対象となってしまいます。

住居侵入罪とは

第130条によると、「正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する」という規定があります。

青姦のリスク

第174条の公然とわいせつな行為をした者は、6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する、となっています。

「不特定又は多数の人が認識できる状態」または、「公然とわいせつな行為をしたもの」という定義があります。

さらに、故意に青姦スポットに出向き、野外や車の中で青姦をしているカップルを盗撮した場合は、犯罪となります。

軽犯罪法1条二十三号 、正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者と法律に規定されているように、もしかしたら法律に抵触してしまうおそれがあるかもしれません。

人が全く通らない僻地の山奥や無人島などでは青姦行為自体が犯罪と見なされないこともあるそうなのですが、青姦行為は犯罪だということを認識しておくべきです。

SEXカテゴリの最新記事