セフレが欲しい男のメディア「TERRI」オープン!今すぐfacebookフォローしてお得情報をGET!

性感帯が背中の女の子を攻める方法

性感帯が背中の女の子を攻める方法

セフレを作るならセフレ掲示板!

複数の掲示板を利用するのがセフレ作りの最短ルートです

性感帯は、人それぞれです。
乳首や性器という方が多いと思いますが、うなじや背中を責められると仰け反って感じてしまう女性が意外と多いのです。
そんな背中が感じるポイントだという女性についての特徴を調査してみました。

性感帯が背中の女性の攻め方

今日は、3つの背中へのアプローチの仕方をご紹介します!

指先で優しく撫でる

背中を指先で優しくなぞるようにして撫でられると、相手の女性は初めはゾクっとしたような感じになって、すこし仰け反りぎみになるかもしれません。

しかし、ゆっくりと攻め続けていると、だんだんと表情がうっとりしてくることがあります。
そんな女性は、背中が性感帯で、攻めるべきポイントとなってきます。

ネット上では、こんな意見もありました。

背中に、キスをする

背中の中でも、腰に近い下部は感じやすい部分だと言えます。

腰周辺に軽くキスをするところから、背中を攻めてみると、相手の女性が背中を性感帯としているかどうかが見分けられるかもしれません。

腰周辺部にキスをして、女性の吐息が漏れたら、背中を攻め続けるチャンスです。

舌を使って攻める

舌を使って、腰部から徐々にうなじ部分に向けて、ゆっくりと丁寧に舐め上げます。

すると、背中が性感帯だという女性はくすぐったいといった感じから、すぐにうっとりとした表情で、気持ち良さそうにくねくねとした動きに変わります。

こんな時は、女性が背中を攻め続けて欲しいというサインです。

後ろから、背中を攻めながら、同時に手で女性の乳房を揉んだり、指で乳首を攻めたりと、2つの性感帯を攻めるのも効果的ですね。

攻める時間は短めに!

ここで、気をつけなければならないのは、ずっと背中を攻め続けてはいけないということです。
背中が性感帯ではないという女性は、ただくすぐったいだけで、全く気持ちが良いということはありません。

例えるなら、脇周辺をコチョコチョされて、ただくすぐったいというだけといった感じです。
背中が性感帯という女性は、割と早い段階から気持ちの良さそうな感じを体全体で示してくれます。

相手を気持ち良くさせると、自分自身への愛撫も気持ちが入ったものになり、お互いに感じ合える最高のセックスを経験できます。

背中が性感帯だという女性とセックスをする上で、背中を攻めるのは、相手を自分とのセックスに夢中にさせる重要な要素となります。ただ背中を愛撫されるだけで、濡れてくるという女性は意外と多いようです。背中を攻めて、相手を自身とのセックスのとりこにしてしまいましょう。

SEXカテゴリの最新記事